どうも、会計士勉強中のまつです!

早いもので、勉強を始めて、1ヶ月が経過しました。

今月の勉強時間は4766分。時間にして、79時間となりました。

一日2時間30分ちょっとといったところです!

勉強内容は、クレアールの方針もあり、とにかく日商簿記1級を目指して、邁進中です。

元々何も知らなかった人間なので、今月は、簿記3級からスタートし、月末までに、日商1級の商業分野は全て読破しました!(工業簿記は全くやってません)

全体像を理解したいと思っていたので、問題は解かずに読み込むだけです。そんな話もあったなぁ。。。くらいのイメージで、日商1級までの範囲を頭に入れました。

これは持論なのですが、勉強というのは、頭の中の無知のジャングルを開墾し、一本の道を引く作業だと感じています。

ジャングルに道を引く場合、少し木を切って、切り株を引き抜いて、アスファルトを敷き詰めてを繰り返しても非効率です。そもそも、その先に目的地があるかわからないですし。

まずは、ゴールまで獣道でもいいから到達する。次に、デカい木をなぎ倒して、大まかな道を作る。さらに、整地して、そこそこ通れる道を作る。最後にアスファルトを敷いて、仕上げる。。。

これが未経験の分野を学習する際の手順だと思っています。

要は全体像を早く知り(獣道)、反復し、(木を切り倒し、大まかな道を作り)最後に仕上げをする(知識を完成させる)

そんな感じで、やっていきたいと思っているので、今は、獣道を作っているところです。

次は、基本問題集に取り組んで、デカい障害物を撤去していきます。(重要問題を解けるように。。。または、解けない部分を知れるように!)

並行して、工業簿記の獣道を作らねばと思っていますが、8月については、クレア―ルの日商簿記1級テキストにある例題を頭から解いていくことにします(*´ω`*)

まつです。

2020年7月1日より公認会計士の勉強をスタートしました。

このカテゴリでは、勉強に使った教材や気づき、勉強のペース等を記録していこうと思っています。

勉強が本分なので、まぁ、月に1回くらいでしょうか。

というのも、自分が使ったテキストをアマゾンのアフィリエイトリンクを使い、紹介するわけですが、この行為を利用して、会計士予備校(クレアール)の受講料を副業の経費として、計上したいと考えているのです。

ウーバーイーツ配送員を始めて、月間10万円程度の副業収入を得ているので、今年は税金を払うことになる予定です。それと相殺したいんですよね。

趣味のカラオケは勉強場所、ファミレス通いも勉強用、予備校代も同じく。。。そんな感じで、節税に繋げようと思っているので、実利と記録を兼ねて、やっていこうと思います(*´ω`*)

短期目標として、2020年11月には日商簿記1級合格。

中期目標として2021年5月の短答式合格。

長期目標として、21年8月、または、22年8月の論文式試験合格をもって、会計士になろうと思います!

日々日々、頑張っていきますので、どうぞよろしくお願いします。

まつです。

コロナショックを経験してから、ガチホだけでなく、チャート分析も必要だと思うようになりました。

コロナショックを経て、変わった

では、来週の相場予想を整理しておきます。

①先読みチャート

ゴールド:下落傾向。リスクオン継続。雇用統計を受け、一段下げ。

原油:景気回復を予測し、回復傾向。

マザーズ:頭打ちか。雇用統計を受けて、上昇する可能性はあるものの、チャートを見ると、25線と75線の間隔が狭くなり、水平に近づいているため、明らかな天井サイン。日経や出遅れ銘柄に資金が移動すると予測。

ドルインデックス:下落傾向。リスクオフのドル高(有事のドル高)は終焉。

既に200日平均移動線を割り込んでおり、おおよそ過去1年の平均値を大きく下回っていることが判る。

⇒ 先読み指標から調整以上の下げが来る可能性は極めて低く、リスクオンが継続し、株高が進行すると予想。

②需給状況:裁定残高

直近の6月3日時点で、売りが9億株、買いが2.5億株になっています。

差し引き6.5億株分、売りが多い状況です。

爆上げが始まった5月25日以降、連日買戻しをしていますが、まだまだたっぷり踏み上げられている状況です。

売り残の平均単価は20400円と言われており、既に10%以上の含み損となっています。(2000億円程)

常勝無敗の海外投資家が、日銀となりふり買わない金融・財政政策の前に、目測を誤り、大炎上中というのが、最近2週間の日経の以上な上昇を引き起こしています。

この既に10%程の損失となっている売り長(2兆円)がなくなるまでは、押し目以上の下落は難しいでしょう。

普通なら底で買った勢の利確もありますが、買い残は低く、買いまくった日銀は売らないので、踏みあがる以外に道はないわけです。

個人投資家が利確や空売りで入れば多少は海外勢も助かるでしょうけど、焼け石になんとやらです。

需給状況だけで考えれば、ここから3か月程で日経はあと4000円上がると見ます。

③強欲指数

徐々に強欲に傾いてきています。

相場が過熱気味なのは承知の上ですが、熱すぎて冷えるのに時間がかかるというのが見立ててです。

80を超えるか、恐怖に急降下するまでは注視でいきます。

④日経平均チャート分析

日足ベース、1時間足ベースでチャートは上昇継続を示唆しています。

5日線上を移動しています。

また、1時間足では、25線と75線の乖離が凄まじく、上昇力の強さを明示。これだけ間があると、75線ブレイク(=下落サイン)になる可能性は殆どなく、大きな下落も、ただの押し目にされてしまうでしょう。

しかも、これが雇用統計の前ということですから、さらに一段上げます。

需給と合わせても、まだ上昇継続と読むべきだと思います。

確かに、コロナショック前に戻ってきていることは異様に感じますが、前回は業績相場だったわけで、今回は金融相場です。

円の価値も変わっていますから、日経が前回高値で止まる必然はありません。

さらに、コロナショックによる、社会情勢の変化を先取りしているとも考えられます。

・財政健全化より財政出動を優先した事

・リモートワーク、IT化の劇的進行⇒遅れていた日本の生産性向上が期待できる

これらの変化を織り込む展開が今起こっているなら、日経が3万円に到達することすら期待できるわけで、その極大暴騰相場の入り口に今、いるのではないでしょうか。

既に、買いでフルポジですが、月曜日以降、さらに150万円程信用買いを積み増します。

トレンドについていくなら、今は買いだと思います。

最も、コロナショックで信用2階建てで750万円を250万円にしてしまった反省から、逃げる準備はいつでもしておきます!

どうも、まつです。

4月27日から5月1日までの相場予測をしていきます。

先週からチャート分析を始めて、コロナショック前はフルポジガチホだった自分も、チャート分析で売買するようになってしまったんだなぁと感慨深い思いです。

コロナショックを経て、変わったなぁ

短期、中期はそれも必要だと思うようになりました。チャートで予想できるのはそこまでで、長期は予想できません。だから、どこかでフルポジガチホマンに転身する必要があると考えています。それはまだ先でしょうが…

今週の日経予測

日経は下落目線

くねくねした分岐4本の線は今週の推移パターンです。

黒だといいなと思っています。赤でもいいけど、青はやめてほしいですねぇ。

さて、上の薄紫線が75日線で下降しています。手書きで延長しましたが、今週の相場へは直接の影響はないでしょう。

ただ、75線が下落しているということは、相場全体が下向き圧を常に受けていると考えるべきで、方向は常に下目線です。

本格的な回復は75線が上向くのを待つ必要があると思っています。いつになるかわかりませんが。

25日線は上向きに。5線は下向きなので、今週中にデッドクロスとなりそうです。

これで、下離れをすると、25線が下を向き、パーフェクトオーダーを形成となります。加速すれば大崩れとなるでしょう。

逆に、黄色ライン、赤ラインを超えてきたら、いったん20000円を目途に上昇すると読みます。その場合でも、いずれは下落すると考え、売りチャンスを待つ所存です。

 

週間予想をするなら、日足の分析だけで大丈夫です。1時間足の分析は翌日の予測には役立ちますが、それ以上は役立ちませんので。

では、また来週。この画像のラインとグラフを重ねて、結果発表としましょう(´・ω・`)

どーも、まつです。

お久しぶりでした。コロナショックで資産の半分を溶かしてしまい、損失を増やさぬよう、気絶していたため、更新もしておりませんでした。

コロナで全てを失ったのだ

先を見て、長期割安成長株投資を続けてきましたが、中短期の暴落にノーガードで挑むのは危険極まりないことを身体で学びました。750万円の資産が一瞬で300万円以下になるのですから笑えません。

先を読むのはファンダメンタルですが、目先の動きはテクニカルで読むべきかと思いなおしました。

テクニカルは単純なものを使い、目的も単純です。最大の目的は、暴落から逃げることです。長期投資として基本ガチホですが、暴落の時は全力で回避、もしくは空売りによる利益獲得を目指したいと思います。

細かな売買はしませんが、暴落の予兆だけは見逃さないように、相場の流れを読み取れる投資家を目指します。

コロナショックでは痛い目を見ましたが、次の暴落ではきっと利益を掴みます。

酷い目にあいましたが、この暴落を投資家人生の1年目で経験できた幸運に感謝したいと思っています。これを暴落のない相場環境で10年近く上手くやって、資産が数千万円になったときに喰らったら、再起できなかったかもしれません。

相場分析の方法と評価法について

一週間に一回評価を加え、暴落の予兆を中心に探していく。簡単な分析だけを行う。経済の動向に注意はするが、中期、短期の予測はチャートメインで行っていく。

使用するのは平均移動線。この形で判断をしていく。

評価は5段階。

・5段階評価
 ・A:平和…日足パーフェクトオーダー、25日、75日の間隔広い、25日は上向き
 ・B:注意…25日線が下降 or 25日線と75日線が接近し横ばいが続く
 ・C:警戒…25日線下降、75線下降転換、若干の下落傾向、高値圏
・・・以下、暴落ハンティング・・・
 ・Y:下落
 ・Z:大暴落

平時がABCで、戦時がYZである。

また、A+やA-のように、+-を使用して、ベクトルを付ける。+はよくなっている。-は悪くなっているという意味だ。

A-:平和だが、徐々に注意の状態に近づいている。

そんな感じである。

今週の相場分析

重要度を考え、ダウ、日経、マザーズ、個別銘柄の順で分析をしていくことにする。

ダウ相場

日足ベース

コロナショックから既に半戻し

暴落中のため、Z評価。

5日線、25日線は上向き。75日線まで間隔も開いている。

まだ戻りは続きそうに見える。

25日線と75日線の乖離は最大値から狭まりつつあることから、大きな流れでも反転しつつある。ただ、二番底が来る時間的な余地はまだありそうだ。

時間足ベース

25日線、75日線の間隔が狭まっている

時間足の評価はB-。注意を要する。

・25日線が横ばいになっている

・75日線と25日線の間隔が4月14日を最大値として減少傾向にある

短期トレンドとしては頭打ちに近いようにも見える上に、今週さらに悪化することが予想される。

評価としてはB-だ。

ダウ:B-。横這い予想。

日経

25日線も上向き。A評価だな。

日経はA評価。

・5日線、25日線、75日線が順に並ぶパーフェクトオーダーの状態である。

・25日線が傾きを増しながら上昇している

今週はネックラインを超え、更なる上昇が期待できるだろう。先に崩れるならダウの方ではないだろうか。

日経:A。大幅な上昇予想。

シノケングループ

マズイ形だ。下落の可能性大。

悪い。C評価。警戒を要する。

・直近高値を超えられていない。

・25日線が下向き、かつ75日線との間隔が急激に狭まっている。

・25日線と75日線のデッドクロスは数日で発生する可能性。二番底を目指す形。

対処:780円、790円で利確注文。もしくは、月曜日、火曜日の引け値で利確。800円、810円、820円で空売り。損切ラインは835円。利確ラインは735円。

シノケン:C。下落の可能性大。

JIA

A.上がりますな。

金曜日ストップ高のJIA。形は完璧。A+評価。

ファンダ的にはマイナスのニュースもあるけど。。。

・25日線が上向き、また75日線との間隔も開きつつある。

JIA:A+。上昇継続を予想。

UTグループ

A評価。値動きは荒いけど。

上げ下げが激しいものの、A評価。

・25日線上向き、75日線との乖離も増えている。

UT:A。上昇を予想。

追加するなら1130円がいい。1100円を割ったら、再度検討。75日線がサポートになる可能性大。

ベクトル

A評価。パーフェクト!

理想的な形。上昇期待。パーフェクト。

・25日線が支持線として機能。上向き。75日線との乖離も開きつつある。

・決算も良かったしね。

上昇でしょう。

ベクトル:A。大幅な上昇を予想。

まとめ

ダウ:B-。横這い予想。
日経:A。大幅な上昇予想。
シノケン:C。下落の可能性大。
JIA:A+。上昇継続を予想。
UT:A。上昇を予想。
ベクトル:A。大幅な上昇を予想。

今週の予約注文!

UT:追加するなら1130円がいい。1100円を割ったら、再度検討。75日線がサポートになる可能性大。(1130円100株買い)

シノケン:780円、790円で利確注文。もしくは、月曜日、火曜日の引け値で利確。800円、810円、820円で空売り。損切ラインは835円。利確ラインは735円。
・780、790円売り。
・790、800、810で空売り。利確は735、損切835.

また来週、予想の反省をするとしよう。

どうして多大なリスクを背負い、シノケンの決算を跨ぐのか?

明日、運命の決算が発表されるのに先立ち、まつが何をどう考え、負ければ命に関わるリスクを背負い、決算を跨ぐという決断に至ったのかをここで記事にします。

何故?どこからそんな自信が湧いてくるのか?

決算発表の前に、考えていることは全て公開していきます。

後出しは、無しです!

本決算で上げると僕は信じているからです。

目次
■客観的にどのくらいのリスクを背負っているのか?
■シノケン決算で下がらないと予想している理由(バックアッププラン)
■シノケン決算で上げると予想している理由
■ここが『Point of No Return(帰還不能点)』
■まとめ

「何故、まつはシノケン本決算に全財産*2倍のお金を賭ける自信があるのか・・・?」の続きを読む…

 

■純資産

親からの220万円の資金援助(名目上、家の購入祝い)という臨時収入のため、総資産が139万円上昇しています。

220と139の差は、投資による損失と出費によるマイナスによるものです。

なお、親からの資金援助については、棚ぼたではなく、その援助をお願いする口実として、家を買うことを考えていましたので、まぁ、狙い通りです。

親にお金を無心するなんて恥ずかしいとは思いますが、結婚式と家を買う時くらいオネダリしてもいいかなと思いました。一生に一度のお願いってやつです。

これで合計500万円の援助を得ることができました。我らは月5万円くらいの貯金で、ボーナス込で年間100万円貯金するのが限界かと思っています。

つまり、5年分の貯金額を一瞬で手に入れたわけです。長期投資において、5年分の短縮は大きいと思います。お願いする恥を受け入れてもあまりあると僕は判断しました。

一人っ子で、全ての財産を相続する予定ってのもありますが(笑)

■投資

シノケンへの投資で失敗しました。コロナショックの前に過剰なポジションを持ち、爆死。月次損益では初の大幅マイナスです。

決算で取り返す予定ですが、そこでも失敗したら、守りに入ります。

■労働収入による貯金

マイナス20万円以上と途轍もない浪費をしています。冬物家電や羽毛布団等値が張るものを買ったためですが、来月から黒字化を目指します。できないとヤバイ。

投資なしでは破産する家計ってヤバイ!

それでは、2月も頑張りましょう♪

2019年12月度の収支が判明しましたので、掲載します!

12月単月利益+46万9228円(月末時元金340万円対比+13.8%)
11月単月利益+43万円を上回る成果で着地となりました!
※今月権利確定した配当金が約15万円。3月入金予定。

■今月の総括

先月に続き、今月も、まつとくろ二人の給与総額を上回る利益を株式投資で上げることができました。

我が家は、二馬力だと思っていたら、四馬力だった…

そんなイメージです。

キャピタルゲイン重視の個別株投資だからこその伸び具合だと思います。なお、上記に含めていませんが、持ち株のシノケングループの配当権利確定日を跨いだので、6500株×23円=14万9500円の配当金が3月に入金予定です。

くろまつ軍団は今月も歴史的大勝利を飾り、司令官としても鼻高々であります(`・ω・´)ゞ

今月のハイライト!

11月末、シノケン戦線にて命懸けの大勝負を仕掛ける!

11月13日の3Q決算前4000株、決算後5000株へ。さらに、11月27日6000株へ買い増し。

根拠は、上方修正、増配が暗示されていることが決算資料から読み取れたため。近日中に発表があると踏み、命懸けのリスクテイクをしました。


12月2日、シノケン上方修正&増配を発表


予想し、買いまくっていたため、爆益を獲得。

結果的に、翌日は73万円の爆益に!!!

シノケン株での戦いに勝利し、月初スタートダッシュを飾りました☆

その後、12月後半になるまで、シノケンはジリジリと下げていきました。UTGとファンデリーについては停滞。含み益が徐々に減少する辛い局面でしたが、持ち株の再編をすることなく、ガチホを継続していきました。

12月18日、ファンデリー反抗作戦、始動。


成長株であり、下落の勢いも止まったファンデリーを保有1000株買い増すことを12月18日に決断。

割安成長株であるファンデリーが、下げ止まり、25日平均移動線をうわ抜きつつあること。また、ダブルボトムを形成しているように見えたことが理由です。

ファンデリー買い増しのため、UTGをすべて決済しました。さらばUTG.

累計20万円近い利益をありがとう!

平均建値1160円にて、600株を追加。1600株体勢となりました。

 


買い増し完了から数時間後、ファンデリーに大口の買いが入り始めます。

 


この後1220円で400株を追加し、2000株となり、一時的に1250円を付け、ファンデリーは反落。1180円で25日線にタッチし、その後、反転。2000株体勢で12月26日を迎える。

ファンデリーが予想に反して反落し、1180円まで落ち込んだことから、買い増しの根拠が薄くなったと考え、600株を売り、1400株へダウンサイズ。

その分、26日が権利日であったシノケングループを500株買い増し!

元々、1000株だったファンデリーを2000株に買い増し、月末の時点で1400株へ。1000株から見れば、400株を買い増している状況。

大納会の日、直近高値をブレイクしたファンデリー!

ファンデリーを買いまくった判断は正しかったようです。

最終日に+37円と大幅上昇をしてくれたファンデリーの利益を含め、今月は大幅増益で締めることができました♪

 

ここまでの株式投資推移(年間)

 

今月もいい判断で戦えたと思います。来年も爆益を目指して、頑張ります♪

時は来た。第二四半期決算により爆死し、1500円から1200円まで叩き落されたファンデリーにて、明日、12月20日、全面攻勢を仕掛けます。

ファンデリー戦線にはUTGへ振り向けていた第三戦線の全将兵(70万円⇒90万円に増加)も投入します。既存の110万円を加え、総兵力約200万円を超える、第一戦線のシノケン戦線に次ぐ大軍です。

明日の総攻撃の前にこれまでの戦闘推移を振り返る

1の価格帯にて、四季報にてファンデリーを発見。工場建設による売り上げ爆増、利益爆増を確認し、購入を決意。

ここで200株の購入。

2の第二四半期暴落直前に200株買い増し。1400円程。

暴落後の1200円から1300円で断続的に600株を買い増し。

1200のラインを割り、1120円を割り、下げ渋るファンデリー。

3、下げ止まり。いわゆる、ナイフが刺さったことを確認し、25日平均移動線が近接してきていること。また、ダブルボトムが形成されていることからさらに600株の買い増しを1155円で実行。

購入後、25日移動線をブレイクし、出来高が急増しながらの上昇で引ける。

この時点で、平均単価1270円で1600株の保有。

明日の総攻撃では、第三戦線のUTGのお宝ニーサ株を決済し、31万円の軍資金を捻りだし、これを使って、さらに400株買い増します。

これにて、ファンデリーは2000株体勢となります。

目標は上場来最高値更新。

+100%も可能だと考えています!!

第二戦線の全将兵(お金)へ告ぐ、総攻撃を開始せよ!!

豪傑旦那のまつです。

今週は爆死しました。

以上!

■サマリー:36万円以上の損失

今週の損失額は36万96円でした。

12月3日、シノケンの上方修正、増配発表の一日で70万円以上の爆益を上げましたが、その内の半分の利益を吐き出した格好です。

これまでの週次成績

下げた理由はシノケンの先週の爆上げの調整です。

特段、悪い条件が出たわけではありません。

来週に期待していきましょう♪