■純資産

親からの220万円の資金援助(名目上、家の購入祝い)という臨時収入のため、総資産が139万円上昇しています。

220と139の差は、投資による損失と出費によるマイナスによるものです。

なお、親からの資金援助については、棚ぼたではなく、その援助をお願いする口実として、家を買うことを考えていましたので、まぁ、狙い通りです。

親にお金を無心するなんて恥ずかしいとは思いますが、結婚式と家を買う時くらいオネダリしてもいいかなと思いました。一生に一度のお願いってやつです。

これで合計500万円の援助を得ることができました。我らは月5万円くらいの貯金で、ボーナス込で年間100万円貯金するのが限界かと思っています。

つまり、5年分の貯金額を一瞬で手に入れたわけです。長期投資において、5年分の短縮は大きいと思います。お願いする恥を受け入れてもあまりあると僕は判断しました。

一人っ子で、全ての財産を相続する予定ってのもありますが(笑)

■投資

シノケンへの投資で失敗しました。コロナショックの前に過剰なポジションを持ち、爆死。月次損益では初の大幅マイナスです。

決算で取り返す予定ですが、そこでも失敗したら、守りに入ります。

■労働収入による貯金

マイナス20万円以上と途轍もない浪費をしています。冬物家電や羽毛布団等値が張るものを買ったためですが、来月から黒字化を目指します。できないとヤバイ。

投資なしでは破産する家計ってヤバイ!

それでは、2月も頑張りましょう♪

豪傑旦那のまつです。

2019年11月、くろまつ家計の記念すべき初決算になります。

今後、毎月しっかりと決算をして、収支と推移を記録していきたいと思います!!

■サマリー:総資産500万円突破。投資資金がほぼ全て!

現金化可能資産総額 488万円(内訳:生活費29万円、投資459万円)
累計投資額 312万円
累計投資損益 147万円(年初来 +47.1%)
保有株式総額 923万円(現物+含み458万、信用465万)

■家計状況の図解

今月の現金化可能な資産を全て集めた表です。

以下は現金化可能資産の内訳です。

■変動

株式投資による増加 +約43万円
収入 手取りベース まつ22万、くろ18万 計40万円
支出 不明(記録なし)

■まとめ

・投資偏重の家計。
⇒ 最悪、全財産を失う可能性あり。男は度胸。お金持ちになるためにリスクを取りますとも!
・投資リターンは月40万円。資産がひと月で10%近く増加!
⇒ 記録的な大戦果。
・信用取引(借金)を含めると総資産の倍の株式を運用中。資産約500万に対し、保有株式は約920万。
・来月から収入と資産累計から支出額を計算する。

まぁ、超リスク選好のくろまつ家計です。

引き続き、豪傑の名にふさわしい、資産運用を続けていこうと思います♪