資本主義社会と共産主義社会の優劣を決めたもの~労働者には見えない世界の推進力~

おはようございます。

豪傑夫婦攻撃担当のまつです。

以前、自由資本主義社会のプレイヤーについて記事にしました。
※関連記事
⇒ 現代日本社会の公式ルールブック!〜僕らは生まれた時から自由資本主義社会に生きている〜

この視点から、資本主義、共産主義を考えた結果、何故資本主義社会の方が残ったのかという答えに思い至りました。

その話を今日は書きたいと思います。

■企業の内部留保が過去最大を更新。分配すべき?

キッカケは企業の内部留保が増えていることを報じたヤフーニュースです。

コメントでは様々な意見が交わされていました。

労働者に分配するべきだという意見やリーマンで死にかけたから防御策を講じるのは当然だと言った話です。

全体的に、富裕層や資本家憎しの意見が多く、そちらの方が同意する!の数も多かったです。

「労働者の成果を資本家(企業側)が盗んでいる!」

そうじて、こういう考えが前提にあって、だから、富裕層から”正しい権利を持つ”俺たちにお金をよこせという書き込みが生まれているようです。

まぁ、「こんな世界おかしい」とか、そういう書き方をする人もいますけれども。

でも、その心も上の「労働者の成果を資本家が盗んでいる!」から生まれるものでしょう。

■「労働者の成果を資本家が盗んでいる!」ってどこかで見た気がする…

「労働者の成果を資本家が盗んでいる!」

これって、誰かが言ってましたね。確か、団結せよでしたか?

マルクスさん。

共産主義の祖です。

資本家が労働者の成果を簒奪しているから、労働者は団結して、資本家(ブルジョワ)を駆逐し、労働者の果実は労働者で分け合おう!

とそんな考え方です。

 

ヤフコメの人もそうですし、最近米国の若者も共産主義者が増えているようですし、僕がよく見る2chまとめでも、資本主義は無理だ、共産主義がいいんじゃねという主張を見かけます。

サラリーマンからすると共産主義がいいと思いますよね。

労働者階級のための主義主張ですから。

「労働者の成果を資本家から取り戻せ!」ってね!

僕も労働者の目から見てそう思います。営業成績の内、20%しか貰えていないですし!

ですが、現実は資本主義が生存し、共産主義が絶滅しました。

これは何故なのでしょうか?

■労働者は働く場所がなければ働けないため。

ここからは僕の考えになります。

この世界(自由資本主義社会)は資本家が資本を生むシステムを作り、労働者がシステムを稼働させることで前に進んでいきます。

資本家はお金の戦争を通して、よりよいシステムを生み出す圧力を恒常的に受けています。

B’sのウルトラソウルじゃないですが、「希望と絶望に遊ばれて鍛え抜かれる・・・」わけです。

そうして、労働者が働く資本を生むシステムは錬磨され、競争力を持っていくわけです。

 

対して、労働者が団結し、資本家がいなくなった社会はどうなるのでしょうか。

仮に今まで自分が生産していた富みを独占できるようになったとしましょう。もし、その時、富を生産するシステムが歪み、崩壊したらどうするのでしょうか。

どうしようもありません。

労働者は働くシステムの存在が前提であり、システムがなければ働くことができないのです。

システムはどうしても必要なものなのです。

共産主義国家を見ればわかるように、資本家というシステムを作る人間がいない世界では、システムは国から与えられるものになりました

共産主義社会では、国家が、資本を生み出すシステムを作り、労働者に与えていたのです。国営農場やら集団農場やら。

 

さて、国の作る計画されたシステムと無数の資本家が蟲毒の法のごとき地獄の戦場で、磨きぬいた歴戦のシステムとどちらが優れているのでしょうね?

答えは歴史が示している通り、資本家が作り出したシステムです。だから、資本主義社会が生存し、共産主義が絶滅したわけです。

 

「労働者の成果を資本家が盗んでいる!」

 

という主張は、労働者プレイを専門とするプレイヤーには耳障りがいい言葉です。

ですが、共産主義を見ればわかるように、世界は労働者だけでは回りません。

資本家が、資本を生み出すシステムを、己の生存をかけて、改善し続けているからこそ、働く場所(資本を生むシステム)が存在するのです。

 

お金の戦場と命を懸けてその戦場を戦う兵士や将兵(お金)、そして、司令官(資本家)の存在を認識できない限り、僕らの生きる日本という世界を正しく認識できず、非現実的で的外れな不平不満が渦巻くことになります。

ですが、不満のはけ口を共産主義に求めるのは破滅への道だと歴史が証明しています。

正しい道は、世界の構造(自由資本主義社会)を正しく認識し、そのルールの中で最善を尽くす道を模索することではないでしょうか。僕はそう考えています。
※関連記事
⇒ 労働者キャラしかレベル上げしていなかった頃に”誤解”していたなと感じること 〜人は自分の中の常識で世界を見て、そのことに気づいてすらいない〜

せめてこの記事を読んだ方には、労働者プレイだけでなく、資本家プレイも嗜んでほしいなぁと思います。

なにせ日本は自由主義国家です。資本家になるのも、労働者になるのも、両方やるのも、完全に自由なのですから!!!

■本記事のまとめ♪

「資本主義社会の構造を知らないと不満だけが溜まるのです」

資本主義が残り、共産主義が消えたのは、資本家による資本を生むシステムの錬磨が、国家の計画した資本を生むシステムを凌駕したため。

労働者視点のみしかない人には、資本を生むシステムとそこで戦うお金や人(資本家)が見えないため、共産主義を求めてしまうし、お金持ちに対する不平不満もたまる。

不満のはけ口を共産主義に求めるのは破滅への道。まつの考える正しい道は、世界(自由資本主義社会)の構造を正しく認識し、そのルールの中で最善を尽くす方法を模索すること!

では(*´ω`*)ノシ

コメントを残す