暴落すら利益に変える投資信託投資戦術~名付けて反逆の投資戦術!!~

おはようございます。

豪傑夫婦攻撃担当のまつです。

さて、株式投資戦術や不動産投資戦術を書いてきて、今日は投資信託の投資戦術をお伝えします。

※株式投資戦術
⇒ 司令官まつの株式投資戦術!~長期割安成長株投資戦術を遂行中!!~

※不動産投資戦術
⇒ まつの不動産投資戦術~資産性の高い”自宅”を買うべし!~

 

実行予定の投資信託戦術については、購入する投資信託、効率的な購入の方法、積み立て額の調整の3つで説明していこうと思います。
※反逆の投資戦術は積み立て額調整の部分。

■購入する投資信託はアメリカ一択!

積み立てに使う投資信託はアメリカNYダウに連携した投資信託一択です。

常に伸び続けてきて、これからも世界の中心として活躍してくれる国だと思うからです。

世界の景気が悪くなったら、どの投信もアウトでしょうし、その中で一番早く回復するのはアメリカ株でしょう。

日本株は戻りが鈍いですし、個別株投資対象は日本株なので、戦略的な資金分散のためにも米国株を買おうと思います。
※ただ2020年に向けて日本株はウェーブが来ると思っています!!

■効率的な購入の方法~クレジットカードポイント獲得~

楽天カードと楽天証券を組み合わせることで、クレジットカード決済で投資信託を買えます。

当然カードのポイント1%がつきますし、このポイントも投資信託の購入に回すことができます。

期待リターン年4%の運用を目指すなら、それに1%追加になるパワーは大きいと考えています。

■反逆の投資戦術!!~暴落を利益にする!!~

購入する投信と購入する方法(クレカでポイントゲット)を書いてきました。

細かな銘柄選定ができない投資信託で結果を操作するために重要となるのは、”積み立て方法”です!

”反逆の投資戦術”は、購入時の平均単価を引き下げることを狙っています。

 

毎月の積立が3万円の場合で説明します。

 

まず、始めの年は、積み立て1.5万、現金積み立て1.5万で積み立てます。

1年後、黒字なら継続。赤字なら5000円分積み立てを増やし、2万と現金1万円を積み立てます。

2年後、黒字になった場合は積み立てを5000円減らします。(但し1.5万円より小さくはしない)まだ赤字の場合は、さらに5000円増やし、2.5万円をつみたて、5000円を貯金します。

3年後からも同様です。3年間赤字が続いた場合は、現金積み立てを0にして、3万円を丸ごと投信に積み立てます。

赤字の間はこのままで、全体が黒字転換をした年から、毎年5000円ずつ現金の積み立て比率を高めていきます。

こうすることで、買い付け単価が下がっているときには多く買い、高値の時は少なく買うことができます。

この結果、平均単価は下がります。

 

追い詰められた時こそ、たくさん買うということで”反逆の投資術”と名付けました。

 

また、特別ルール、最後の総攻撃と題して、貯金として積み立てていた現金は、積み立て時の最高買い付け単価から40%の下落をした際に、一括で投信を買い付けます。

暴落時にまとめ買いをすることで、一気に購入単価を引き下げます。

これがまつが実践予定の反逆の投資信託投資戦術になります!

 

この戦術を実践することで、暴落が回復した時には、購入単価が低く、さらに暴落時にまとめ買いした分が値上がりし、莫大な利益を得られることでしょう!

では(*´ω`*)ノシ

コメントを残す