豪傑夫婦「くろ」と「まつ」の 家計の歴史~底辺からの闘争~

豪傑夫婦のこれまでの人生をダイジェストでお送りします。

■同棲からスタート!!~イージーモードから底辺へ転落~

同じ高校の同級生だった二人は付き合い始める。

大学進学を機にお互い一人暮らしを開始。

まつ→学費含め大学4年間の生活費として400万円ポンともらう
くろ→学費とは別に毎月14万円を仕送りしてもらう

イージーモードでスタート。

その後、同棲した方が楽しいし、いろいろと生活費浮くんでね?と思いつき、すぐさま同棲を開始。
※我らについて ⇒ はじめまして、豪傑夫婦です!【貯金100万円/年を目指して】

大学を中退したまつはアフィリエイトに四苦八苦する日々を送る。
(ここで株も始めていれば…というのが、一番の後悔byまつ)

くろは勉学に励みつつ、塾講師・輸入食材販売のアルバイトに勤しむ。その後、就職先が決定したため、くろの実家親戚一同と絶縁する。この影響で、仕送りは打ち切られ、お互いの貯金を切り崩しながら生活する。

合計貯金は200万円ほどまで減少。

■くろの職場がまっくろでした

入社直後、くろの職場が精神的にキツいことが判明し、あえなく半年間の休職を余儀なくされる。休職期間が明け、無事職場復帰できたものの、復帰2ヶ月後にアルバイトに降格させられる。
(今思えば、普通に労基案件にできる待遇だった…
 だって年収50%カットはさすがにヤバくない?????byくろ)

入社直後、くろの職場が精神的にキツいことが判明し、あえなく半年間の休職を余儀なくされる。
休職期間が明け、無事職場復帰できたものの、復帰2ヶ月後にアルバイトに降格させられる。
(今思えば、普通に労基案件にできる待遇だった…
 だって年収50%カットはさすがにヤバくない?????byくろ)

また、くろが大学を卒業したのを機に、脱ニートを決意したまつは配送のバイトをスタート。週3勤務で日給1万円→月10~12万円を稼ぐように。

しかし、くろのアルバイト降格により、家計は

21万円+11万円=36万円(くろ入社時)
16万円+11万円=27万円(くろ休職時)
11万円+11万円=22万円(くろ降格時)

毎月マイナス10万円の大幅赤字に…
合計貯金は150万円を割り、ここからハードモードに突入する。

■まつ、正社員になる~ギリギリの家計防衛戦~

家計面からも厳しいということで、まつも正社員として働くことに。

高卒、大学中退、4年間ニートの23歳という地雷人材として就活戦線に突入。

とにかく、正社員になることが先決!と考え、歩合制の不動産営業へ…
(年休80日、残業月120時間の激務※残業代など無いッ!!だったけど、オフィスが徒歩圏内で、良い時は額面月35万もあったから、そこはよかった。こんな地雷人材を採用してくれたG店長には感謝しかない。ありがとうございました!! byまつ)

このため、家計は月30~40万円くらいになり、基本財政は若干の黒字に。ただし、月々数万程度のわずかな額のため、貯金額は140万円で下げ止まる。特別費の支出で結局マイナスだった。(家電が壊れたり…)


このタイミングでまつがくろにプロポーズし、入籍。二人で一連托生の覚悟を決め、ギリギリの生活を続けていく。(正社員になれたし、何があっても(適応障害やら鬱やら)支えていく覚悟を固めたわけである)

まぁ、お互い歴史を重ねて、貸し借りも作りすぎた。
・共に受験戦争を戦いぬいた
・まつがヒモニートのころ支えてくれた
・精神疾患のくろを支えた(通院とメンタル面の支援)
互いに代わりがいる存在じゃないし、結婚するなら相手はもう決まっているようなもんだった。byまつ。

■結局、まつは転職しました~正真正銘の転進~

正社員として働き続け(超絶激務+そんな中で宅建士の資格も取得)、ニートだったくせに社内でも上位の成果を上げた結果、まつはワークライフバランスについて真剣に考え始める。
(お金に問題はなかったけど、お互い話をする暇が全くなかったせいで、家の中がすごく殺伐としてたbyくろ)

その結果、転職エージェントへ転職。完全週休2日制祝日休み、有給取り放題、残業も個人の裁量によるフリーダムホワイト企業を引き当てる。

ただし、月収は21万と少し下がったため、家計は月30万前後に。そのため、ボーナスを含めれば月1万くらいの黒字で、貯金額は150万円ほどに。

■くろの心身回復~損傷したメンタル、修復す~

まつの就職~転職に出てこなかったくろは、ついに社内の追い出し部屋的な部署に転属させられ、ボロ雑巾のように扱われたため転職を決意。


ひとまず、とある銀行の清掃アルバイトを始めることに。
(心身喪失状態になってしまったため、前職と全く異なる業種で、とにかく体を動かせる職業にしたい!という理由ですbyくろ)

結果的には、本当にいい職場だった。周りの同僚はみんな温かい人たちばかりで、こんな自分でも働けるという自信、実感にもつながった。

バイトの月給は前職より低下したため、家計は月28万前後まで下がり、赤字に傾く。一層の節約に励み、どうにかトントンを維持。ボーナスも含めれば少しはプラスに…。このときの貯金額は160万円。

まつがいい会社に入れたため、若干家族全体の余力は増えているものの、メインエンジン一つ、補助エンジン二つの不安定な飛行状態。やはり、ギリギリの生活が続く…

■くろ、事務正社員へ。~無事社会復帰を達成~

くろの心身状態が急速に回復したため、正社員復職を目指して、本格的に取り組み始める。まつの転職エージェントで学んだ知識•経験もフル活用させ、見事、掘り出し求人に復職。額面月22万円(手取り月18万円)。
※転職アドバイザー(個人版)として活躍。くろの推薦状まで書いたしな(笑)byまつ

まつは昇給を含め、額面月26万円(手取り月21万円)。手取りベースで合計月40万円近くにランクアップしたため、月10万近く収入が増加。ダブルエンジンによる飛行がスタートし、貯蓄額は180万に到達。

労働者として毎月のキャッシュフローを黒字化し固定することに成功!

二人で人並な生活まで這い上がってきたぜ!!!

■参戦、株式市場!

余勢を駆って株式投資をスタート!!

早速株式口座を開設し、ある株の本(詳しくはくろまつ軍団株式投資戦術論参照)を参考に割安成長株投資を進める。分散していた資産を株式口座に集中し、運用額を220万円まで増やす。さらに毎月の余剰金をどんどん口座に投入し、超攻撃的な資産運用へ。

さらに、220万円を元手にした信用取引により、投資量をほぼ倍増(購入総額400万円※180万円分は借金)。

その結果、約半年で口座内資金が220万から300万(信用含めて480万円)に増加。元手に対して約36%、金額にして約80万円の純利益を生み出すことに成功。

■家、買いました~”最強”の傭兵を雇い、全面攻勢へ!~

生活予備費や信用取引を含め、限度ギリギリまで口座に投下したため、株での資本増加が限界点に到達。

更なる資本を得るために、不動産投資(自宅)を決意。

無事、ローンで3500万円の家を購入し、実家からも500万円分の支援を貰えることになる。 ※親の援助300万円を取得費用に充てたため、頭金0!自己資金0!

実家の支援は家を買う用途として受け取るものの、不動産取得費用以外は株式に投資する予定(増やすから許して!)

具体的にはIPO投資と現在の投資から信用を減らすために使用する計画。

現時点のおおよその資本構成
現金11万円。有価証券300万円。負債3500万円。

2019年10月 くろ・まつ記

コメントを残す