こんばんは、豪傑夫婦の攻撃担当まつです。

前の記事では投資信託とくろまつ軍団の関係を書きました。そこで書いたように、我らは投資信託には力を入れてきていませんでした。

そんな司令官まつが、兵力の一部を投資信託に差し向けたのには理由があります。

それは、積み立て貯金をする必要が出てきたためです。

具体的に言えば、豪傑夫婦の老後資金と子供の教育資金です。

一人当たり1万円積み立てると、20年で240万円貯金できます。

子供は20年間でいいでしょう。

我らが定年するまで35年以上あります。

35年間積み立てると420万円貯金できます。

 

銀行口座にコツコツと貯めていくよりも、投資信託として運用した方が資産を増やせると考えたことが資金を一部投資信託に回そうと思った理由です。

流石に、子供の教育資金を0になる危険のある個別株投資に突っ込むのは危険だなと思いますので、ゼロになるリスクがない投資信託で運用しようと考えました。

証券会社で毎月1万円ずつ買い付けるという設定ができるので、自然に貯金を殖やすことができます。

また、ある程度の利回りがあれば、20年から40年後には大きく資産を増やすこともできる可能性が高いです。

長い期間待てるのであれば、暴落時に売らず、景気がいいときに売ることで確実な利益を手に出来ます。

■リスク回避こそ、あまり儲からない投資信託を買う唯一の理由。

個別株投資が今は絶好調で、全ての資産をここに投入した方が増える期待値は大きいです。

しかし、失敗すれば0になる可能性があります。

もしも失敗した時に、せめて老後のお金と教育資金だけは残るようにしたいと思ったことが、投資信託を始めた戦略的な理由になります。

ですので、これで稼ごうとは考えていません。稼ぐのは株式投資で、投資信託はリスクヘッジの貯金の感覚です。

ただ貯金するよりも投資信託を買った方がまだ効率的だろうと考えたため、購入を決めました。

 

そのため、今すぐに多額の投資をすることはせず、月に1万円ずつという少額の積み立てをしていきます。

今あるお金は株式投資に投下していきます!今のお金が無くなっても、投資信託の積み立てが残るなら、なんとかなるでしょうからね!

さらに、反逆の投資戦術を使い、少しでも効率的に稼げるような資本管理を考えています。

それは次の記事で説明します!

では(*´ω`*)ノシ

こんにちは、豪傑夫婦の攻撃担当まつです。

前回まで資本主義社会について、株式投資について、不動産投資について、まつの考えを書いてきました。

※ 自由資本主義社会の生き方
⇒ 現代日本社会の公式ルールブック!〜僕らは生まれた時から自由資本主義社会に生きている〜

※ 株式投資
⇒ 司令官まつの株式投資戦術!~長期割安成長株投資戦術を遂行中!!~

※ 不動産投資
⇒ まつが不動産投資を実施する戦略的理由とは?~最強の傭兵団を味方につけろ!!~

 

この記事以降では、まつの取り組む投資信託について戦略、戦術面からお話ししていこうと思います。

今後20年を見据えた遠大かつ大胆な”反逆の投資術”も説明し、将来的に資産を増やせるようなヒントを提供できればと思います。

 

■くろまつ軍団と投資信託の歴史

2018年1月 ロボアドバイザーTEHOをスタート!
2019年6月 TEHO解約

現在投資信託の運用は無し。

解約したのは少額の分散投資では全く資産が増えている気がしないためです。実際、16か月かけて、資産は4%しか増えませんでした。

投資額が10万でしたので、たった4000円の利益です。

兵力が少ない内は、これで資産を増やすことは無理だなと痛感しました。

そのため、より大きな戦果を期待できる個別株投資へ資金を移動させました

■くろまつ軍団と投資信託のこれから。

現在は株式投資に主力を投入しているくろまつ軍団ですが、個別株投資は、リターンも大きいですが、リスクも大きいです。

選択した銘柄が下落した場合や倒産した場合のダメージが大きく、銘柄選定に万全を期しても、”不祥事”等の突発的な事象で、大きく資産価値を減じてしまう可能性があります。

そのため、資本管理面から、個別株投資一本で進めていくのは、管理資産が500万円を超えたあたりでやめ、戦略的な資金分散を行うために、投資信託を取り入れようと考えました。
※数年で貯金できる金額(200万円程)ならリスクも取れる。

銘柄分散よりも時間分散の効果を重視し、長期間積み立てをしていこうと考えています。

■投資信託のリスク

まつの認識している投資信託のリスクは、致命傷は負わないものの、確実に傷を負うというリスクです。

個別銘柄の選定が正しければ、リーマンショックの相場環境でも、逆行高になる銘柄を見つけ、損失を回避することができる可能性があります。

しかしながら、多くの銘柄に分散投資をする投資信託の場合、相場全体が下がる局面では、下げから逃れることはできません。

致命傷は負わないが、ダメージを受ける。

これが投資信託のデメリットだと思います。

デメリットを織り込んで投資信託の投資戦術を組み立ていく必要があると考えています。

次に戦略レベルで見た投資信託の話を書いていこうと思います。

では(*´ω`*)ノシ