こんにちは、豪傑夫婦攻撃担当のまつです。

我等の実践する住むだけでお金(資産)が増えるマイホーム貯金を説明していきます!

いい家に住むだけで貯蓄(資産)が増える夢のような話ですが、2回ローンを支払った我らは既に10万円のマイホーム貯金を達成しています。

■「マイホーム貯金」とは?

例えば、35年で2100万円を貯金しようと思うと、毎月5万円を貯める必要があります。

ということは、将来的に2100万円で自宅を売ることができれば、毎月5万円分、貯金したことと同じ意味を持つわけです!

「コスパ最強の【マイホーム貯金】と唯一の注意点!!~家に住むだけで35年間確実に数千万円の貯金ができる~」の続きを読む…

おはようございます。

豪傑夫婦攻撃担当のまつです。

さて、株式投資戦術や不動産投資戦術を書いてきて、今日は投資信託の投資戦術をお伝えします。

※株式投資戦術
⇒ 司令官まつの株式投資戦術!~長期割安成長株投資戦術を遂行中!!~

※不動産投資戦術
⇒ まつの不動産投資戦術~資産性の高い”自宅”を買うべし!~

 

実行予定の投資信託戦術については、購入する投資信託、効率的な購入の方法、積み立て額の調整の3つで説明していこうと思います。
※反逆の投資戦術は積み立て額調整の部分。

■購入する投資信託はアメリカ一択!

積み立てに使う投資信託はアメリカNYダウに連携した投資信託一択です。

常に伸び続けてきて、これからも世界の中心として活躍してくれる国だと思うからです。

世界の景気が悪くなったら、どの投信もアウトでしょうし、その中で一番早く回復するのはアメリカ株でしょう。

日本株は戻りが鈍いですし、個別株投資対象は日本株なので、戦略的な資金分散のためにも米国株を買おうと思います。
※ただ2020年に向けて日本株はウェーブが来ると思っています!!

■効率的な購入の方法~クレジットカードポイント獲得~

楽天カードと楽天証券を組み合わせることで、クレジットカード決済で投資信託を買えます。

当然カードのポイント1%がつきますし、このポイントも投資信託の購入に回すことができます。

期待リターン年4%の運用を目指すなら、それに1%追加になるパワーは大きいと考えています。

■反逆の投資戦術!!~暴落を利益にする!!~

購入する投信と購入する方法(クレカでポイントゲット)を書いてきました。

細かな銘柄選定ができない投資信託で結果を操作するために重要となるのは、”積み立て方法”です!

”反逆の投資戦術”は、購入時の平均単価を引き下げることを狙っています。

 

毎月の積立が3万円の場合で説明します。

 

まず、始めの年は、積み立て1.5万、現金積み立て1.5万で積み立てます。

1年後、黒字なら継続。赤字なら5000円分積み立てを増やし、2万と現金1万円を積み立てます。

2年後、黒字になった場合は積み立てを5000円減らします。(但し1.5万円より小さくはしない)まだ赤字の場合は、さらに5000円増やし、2.5万円をつみたて、5000円を貯金します。

3年後からも同様です。3年間赤字が続いた場合は、現金積み立てを0にして、3万円を丸ごと投信に積み立てます。

赤字の間はこのままで、全体が黒字転換をした年から、毎年5000円ずつ現金の積み立て比率を高めていきます。

こうすることで、買い付け単価が下がっているときには多く買い、高値の時は少なく買うことができます。

この結果、平均単価は下がります。

 

追い詰められた時こそ、たくさん買うということで”反逆の投資術”と名付けました。

 

また、特別ルール、最後の総攻撃と題して、貯金として積み立てていた現金は、積み立て時の最高買い付け単価から40%の下落をした際に、一括で投信を買い付けます。

暴落時にまとめ買いをすることで、一気に購入単価を引き下げます。

これがまつが実践予定の反逆の投資信託投資戦術になります!

 

この戦術を実践することで、暴落が回復した時には、購入単価が低く、さらに暴落時にまとめ買いした分が値上がりし、莫大な利益を得られることでしょう!

では(*´ω`*)ノシ

こんばんは、豪傑夫婦の攻撃担当まつです。

前の記事では投資信託とくろまつ軍団の関係を書きました。そこで書いたように、我らは投資信託には力を入れてきていませんでした。

そんな司令官まつが、兵力の一部を投資信託に差し向けたのには理由があります。

それは、積み立て貯金をする必要が出てきたためです。

具体的に言えば、豪傑夫婦の老後資金と子供の教育資金です。

一人当たり1万円積み立てると、20年で240万円貯金できます。

子供は20年間でいいでしょう。

我らが定年するまで35年以上あります。

35年間積み立てると420万円貯金できます。

 

銀行口座にコツコツと貯めていくよりも、投資信託として運用した方が資産を増やせると考えたことが資金を一部投資信託に回そうと思った理由です。

流石に、子供の教育資金を0になる危険のある個別株投資に突っ込むのは危険だなと思いますので、ゼロになるリスクがない投資信託で運用しようと考えました。

証券会社で毎月1万円ずつ買い付けるという設定ができるので、自然に貯金を殖やすことができます。

また、ある程度の利回りがあれば、20年から40年後には大きく資産を増やすこともできる可能性が高いです。

長い期間待てるのであれば、暴落時に売らず、景気がいいときに売ることで確実な利益を手に出来ます。

■リスク回避こそ、あまり儲からない投資信託を買う唯一の理由。

個別株投資が今は絶好調で、全ての資産をここに投入した方が増える期待値は大きいです。

しかし、失敗すれば0になる可能性があります。

もしも失敗した時に、せめて老後のお金と教育資金だけは残るようにしたいと思ったことが、投資信託を始めた戦略的な理由になります。

ですので、これで稼ごうとは考えていません。稼ぐのは株式投資で、投資信託はリスクヘッジの貯金の感覚です。

ただ貯金するよりも投資信託を買った方がまだ効率的だろうと考えたため、購入を決めました。

 

そのため、今すぐに多額の投資をすることはせず、月に1万円ずつという少額の積み立てをしていきます。

今あるお金は株式投資に投下していきます!今のお金が無くなっても、投資信託の積み立てが残るなら、なんとかなるでしょうからね!

さらに、反逆の投資戦術を使い、少しでも効率的に稼げるような資本管理を考えています。

それは次の記事で説明します!

では(*´ω`*)ノシ

こんにちは、豪傑夫婦の攻撃担当まつです。

前回まで資本主義社会について、株式投資について、不動産投資について、まつの考えを書いてきました。

※ 自由資本主義社会の生き方
⇒ 現代日本社会の公式ルールブック!〜僕らは生まれた時から自由資本主義社会に生きている〜

※ 株式投資
⇒ 司令官まつの株式投資戦術!~長期割安成長株投資戦術を遂行中!!~

※ 不動産投資
⇒ まつが不動産投資を実施する戦略的理由とは?~最強の傭兵団を味方につけろ!!~

 

この記事以降では、まつの取り組む投資信託について戦略、戦術面からお話ししていこうと思います。

今後20年を見据えた遠大かつ大胆な”反逆の投資術”も説明し、将来的に資産を増やせるようなヒントを提供できればと思います。

 

■くろまつ軍団と投資信託の歴史

2018年1月 ロボアドバイザーTEHOをスタート!
2019年6月 TEHO解約

現在投資信託の運用は無し。

解約したのは少額の分散投資では全く資産が増えている気がしないためです。実際、16か月かけて、資産は4%しか増えませんでした。

投資額が10万でしたので、たった4000円の利益です。

兵力が少ない内は、これで資産を増やすことは無理だなと痛感しました。

そのため、より大きな戦果を期待できる個別株投資へ資金を移動させました

■くろまつ軍団と投資信託のこれから。

現在は株式投資に主力を投入しているくろまつ軍団ですが、個別株投資は、リターンも大きいですが、リスクも大きいです。

選択した銘柄が下落した場合や倒産した場合のダメージが大きく、銘柄選定に万全を期しても、”不祥事”等の突発的な事象で、大きく資産価値を減じてしまう可能性があります。

そのため、資本管理面から、個別株投資一本で進めていくのは、管理資産が500万円を超えたあたりでやめ、戦略的な資金分散を行うために、投資信託を取り入れようと考えました。
※数年で貯金できる金額(200万円程)ならリスクも取れる。

銘柄分散よりも時間分散の効果を重視し、長期間積み立てをしていこうと考えています。

■投資信託のリスク

まつの認識している投資信託のリスクは、致命傷は負わないものの、確実に傷を負うというリスクです。

個別銘柄の選定が正しければ、リーマンショックの相場環境でも、逆行高になる銘柄を見つけ、損失を回避することができる可能性があります。

しかしながら、多くの銘柄に分散投資をする投資信託の場合、相場全体が下がる局面では、下げから逃れることはできません。

致命傷は負わないが、ダメージを受ける。

これが投資信託のデメリットだと思います。

デメリットを織り込んで投資信託の投資戦術を組み立ていく必要があると考えています。

次に戦略レベルで見た投資信託の話を書いていこうと思います。

では(*´ω`*)ノシ

こんにちは、豪傑夫婦攻撃担当のまつです。

前回は、資本家的に見て、戦略上不動産を買うべき理由について記述しました。
※⇒ まつが不動産投資を実施する戦略的理由とは?~最強の傭兵団を味方につけろ!!~

これから具体的な不動産投資戦術の話に移る前にいくつか不動産に関する記事を書いていきたいと思っています。

なぜなら、ここまで僕が述べてきた自由資本主義社会、二人のプレイヤーと言った視点から”家を買うこと”を認識してほしいと思うからです。

知らないことによって生涯に渡り、数千万円の損失を生むことになるのが、不動産という高額商品の恐怖です。

まずは資本主義社会における不動産の見方を押さえていきましょう!
※僕たちは自由資本主義社会に生きています。資本家と労働者の2つのプレイが自由に選択できる世界です。
⇒ 現代日本社会の公式ルールブック!〜僕らは生まれた時から自由資本主義社会に生きている〜

■資本主義社会における不動産の見方

「労働者と資本家の家に対するスタンスの違い~夢のマイホームか実物資産か~」の続きを読む…

こんばんは、豪傑夫婦攻撃担当のまつです。

前回の記事では我ら夫婦と住まいの歴史を記事にしました。賃貸派から購入派に寝返ったと書きました(笑)
※関連記事
⇒ くろまつ軍団の不動産投資について書いていきます!!~我らと住まいの関係史~

この記事では戦略的、つまり、全体的な兵力(お金)の運用面から見て、まつが不動産投資を行っている理由書きます。
※資本家プレイにおける戦略、戦術、戦闘の言葉の定義はコチラで解説しています。
⇒ 司令官殿、お金の戦場へようこそ!~軍事学の基礎から学ぶ資本家的稼ぎ方(戦い方)~

■戦略レベルで言えば、不動産は借金をするための道具!

「まつが不動産投資を実施する戦略的理由とは?~最強の傭兵団を味方につけろ!!~」の続きを読む…

こんにちは、豪傑夫婦攻撃担当のまつです。

まつの株式投資戦術まで書きましたので、細かな株の戦闘詳報を書く前に、不動産投資の戦略・戦術の話をしていきます!
※関連記事
⇒ 司令官まつの株式投資戦術!~長期割安成長株投資戦術を遂行中!!~

以前の記事で、開戦の目的の設定、戦略、戦術、戦闘等、軍事的に投資を考えることで効果的な投資行動ができると書きました。
※関連記事
⇒ 司令官殿、お金の戦場へようこそ!~軍事学の基礎から学ぶ資本家的稼ぎ方(戦い方)~

今、まつは、くろまつ軍団司令として以下の戦略と戦術を実行中です。

 

戦略は、借金をして不動産を買う。
不動産投資戦術は「自宅不動産投資戦術」を実行。

 

これにより、資産増加に努めています。

現在、豪傑夫婦は、3500万円の不動産(購入時価格)を所有しています。

頭金0のフルローンで買ったものです。

この記事以降で、くろまつ軍団司令としての、戦略面、戦術面から不動産投資の考え方を解説していきます。

1記事目のこの記事では、我らと住まいの変遷について、その決断の根拠と共に、概説していきたいと思います!

■我らと住まいの関係史!

・賃貸至上主義時代(18歳から最近まで)

「くろまつ軍団の不動産投資について書いていきます!!~我らと住まいの関係史~」の続きを読む…

こんにちは、豪傑夫婦の攻撃担当まつです。

まつは、FXと株式投資を両方やってきて、株式投資の方が稼ぎやすいと確信しています。

この記事は、FXを始めるべきか、株式投資を始めるべきか迷っている方やFXと株式投資の違いとはなんだと思っている方に書いていきます!

■くろまつ軍団司令官まつの累積戦果!

ちなみに、我がくろまつ軍団は10月28日現在、総兵力400万円に到達しています。
※関連記事
⇒ 資本家としてお金を稼ぐ方法とは?~資本家ゲームは戦争ゲーム!~
※関連記事
⇒ 司令官殿、お金の戦場へようこそ!~軍事学の基礎から学ぶ資本家的稼ぎ方(戦い方)~

それら資金(軍勢)を使い、過去FXを3年間、株式投資を本年7月から3ヶ月間行っています。

以下が、トレード結果になります。

★FXの成果:年1万円(年利1.6%)
★株式投資の成果:4か月110万円(年利換算250%)

僕はこの結果から、FXではなく、株式投資をやるべきだと宣言します!!

株式投資、FXの各戦術について

FXでは60万円の投資額を豪ドルのスワップや米ドルのスキャルピングで3年かけて、63万円にしました。

1年で1万円ずつ増えた計算になります。

しかし、株式投資では2019年7月に始め、たった100日程度で、元金220万円で110万円以上の純利益をたたき出しています。

このペースでいけば、一年で250%の利益が得られる計算になります。

実行した戦術は”長期割安成長株投資”。具体的なやり方は以下の記事に譲ります。
※関連記事
⇒ 司令官まつの株式投資戦術!~長期割安成長株投資戦術を遂行中!!~

■何故、株式投資の方が利益を伸ばせるのか?

実際の結果として、圧倒的に株式投資の方が稼げました。

そして、株式投資の方が稼ぎやすいのは、偶然ではなく、必然だったと考えています。

大きな理由は1つだけ。

株価推移の方が予想しやすいから!!

これに尽きます。

■海の水位と池の水位、どちらが予測しやすいですか?

これは簡単な話です。

FXは通貨のトレードです。例えばドル円を例に出すと一日の取引量は90兆円です。
https://www.smam-jp.com/documents/www/market/naruhodo/naruhodo_Vol.49_.pdf

トレード参加者も多く、世界全体の出来事が複雑に影響してきます。

イメージすれば、”海”のような規模感です。

アマゾンの河の水量、ナイル河の水量、その他の無数の河川、北極の氷河、南極、降水量、蒸発量などなど、海の水位を予測するために必要な情報は多くあります。

当然、一人ですべてを見ることなどできません。

 

しかし、株式投資は違うのです。

 

僕が一番稼げている株式会社シノケングループの一日の出来高は20万株くらいです。額にすれば2億円ほどでしょうか。

90兆円VS2億円。

その規模の差は歴然です。

株式投資は”池”です。

小川から水が入ってくるのも分かるし、小川へ水が出ていくのも分かる。

たくさん水が入ってきていれば、そのうち、水位は上がると分かりますし、出てく量が多ければ、そのうち、水位が下がるのも分かります。

だって、全部が見える範囲にあるのですから。

■池の中の蛙、大海を知らず

株式投資の優位性を示す言葉として覚えてほしいと思います。

要するに、大海を知るよりも、池を知る方が簡単なのです。

これが僕自身が両方のトレードをしてみて感じた大きな差です。

値動きを先読みしようと調べたとき、FXは手探りで何を調べても確信が持てませんでした。

世界中のあらゆる情報をリアルタイムで追いかけなければ水位が計算できないFXは本当に難しい。

しかし、株式投資であれば、会社を調べ、業績を調べ、業界を調べ、市場環境を調べれば、大まかに結果が見えてきます。

確かに翌日の株価を的中させることは不可能です。短期相場はランダムウォークですから。でも、年単位の大きな値動きについては高い精度で予測がつきます。

予測の精度に確信が持てれば、リスクを取って大きくポジションを取ることができます。

結果として、大きく勝つことができるのです!

FXの方がいつでも市場が開いていると言っても、先が予測できず、勝てないなら意味がありません。

投資するべきは、株式です!

これは間違いありません!

では(*´ω`*)ノシ

★この記事には続きがあります★
⇒ 株式投資がFXより稼ぎやすい理由②!!~テンバガーという存在~

こんばんは、豪傑夫婦攻撃担当のまつです

以前の記事ではまつの投資戦略について述べました。戦略、つまり、資産の配置(戦力配備)についてです。
※関連記事
⇒ くろまつ軍団司令官”まつ”の投資戦略論!~10/18日現在旗下230万円の戦力配置一覧~

ここの記事では、戦略上最も重要度の高い、株式投資について、まつが採用している投資戦術をお伝えしたいと思っています。

「司令官まつの株式投資戦術!~長期割安成長株投資戦術を遂行中!!~」の続きを読む…

こんにちは、豪傑夫婦の攻撃担当まつです。

前回の記事で、資本家プレイに軍事学的考え方が活かせるよというお話をしました。参考に自分なりの勝ち方を編み出してほしいなと思っています。
※関連記事
⇒ 司令官殿、お金の戦場へようこそ!~軍事学の基礎から学ぶ資本家的稼ぎ方(戦い方)~

今回の記事では、実際にくろまつ軍団の司令官としてどのような戦力配備(戦略:資金管理)をしているのかを公開していきたいと思います!

■くろまつ軍団の投資ポートフォリオ

くろまつ軍団の資産管理法はこちら!

全資産230万円。(不動産、住宅ローンを除く)
内、預貯金10万円
内、株式投資220万円

以上!

また、株式投資戦術は分散投資ではなく、個別銘柄投資です。

現在の運用資産の内、65%をシノケングループ1社に投資しています。

最大で79%をシノケン株に投下していました。

まさに、戦力の集中を実践していたということですね。

■くろまつ軍団以外の傭兵のご紹介!

僕は、くろまつ軍団司令官として旗下の将兵以外にも、傭兵を雇い、指揮を執っています。

 

傭兵1、190万円の信用取引(借金)

傭兵2、3500万円の住宅ローン(借金)

 

傭兵2については、不動産を所有を命じていて、今後35年近くはその任についてもらうことになっています。

彼らのおかげで、自宅という資産を手に入れることができました。

家賃等掛け捨ての支出金ではなく、自分の手元に残る資産に投資するお金として、住宅費を活用できるようになったのです。このインパクトは凄まじいの一言です。

彼ら、”最強”の傭兵団については今後、不動産投資戦術の部分で述べようと思います。
※関連記事
⇒ まつが不動産投資を実施する戦略的理由とは?~最強の傭兵団を味方につけろ!!~

⇒ まつの不動産投資戦術~資産性の高い”自宅”を買うべし!~

 

傭兵を使うことで多くの軍勢(お金)を集めることができます。傭兵にはコスト(金利)がかかりますので、無限には使えませんが、戦略の一つとして活用できる場合は、活用するべきだと思っています。

 

ちなみに、住宅ローンを背負うリスクがあると賃貸を主張する方々を2chで見かけますよね。僕も昔は賃貸派でしたので人のことは言えませんが(笑)

資本家的に言えば、お金を稼ぐとはリスクを取ることです。労働者的に言えば、お金を稼ぐとは働くことレベルの常識です。

不動産を買うために、大きなローンを背負うリスクに対し、自宅という不動産を自己所有し、現物資産とすることができるリターンを得ます。

ローンの返済中も損益は変動しますが、分かりやすくローンの返済後の35年後を考えれば、借金のリスクを背負った代わりに、自己所有不動産が残るわけです。(売れる、貸せるなら現金化も可能です!)

詳しくはまた今度♪

■くろまつ軍団配備図、将来の予定!

現在、我が軍は余剰戦力を持たず、傭兵もつぎ込んだ一大総力戦を遂行中です。

ほぼすべての兵員が長期個別銘柄投資という戦術に従い、シノケン、ファンデリー、トーカロ、UTGという株で個別戦闘を行っています。
※関連記事
⇒ 司令官まつの株式投資戦術!~長期割安成長株投資戦術を遂行中!!~

4か月弱で、総資産を40%も増やす等、投資の世界では歴史的といってもいい大戦果を上げていますが、薄氷を踏むような、多大なリスクを背負っているのも、また事実です。

 

そこで、来年1月頃、実家からの追加増援220万円(自宅購入に対する援助)を受け入れるタイミングでくろまつ軍団の再編成を行う予定です。

戦略面としては、個別株投資の一点投下から、IPO投資、投資信託という複数のアセットに分割します。

前記事で暴落に巻き込まれると主張した投資信託を取り入れることにツッコミがありそうですが、暴落まで見越して買い付けていきますのでおkです。

投資信託用の兵力に授ける投資戦術、名付けて、”反逆の投資戦術”を実行すれば、暴落すら利益に変わります。詳しくまたいずれ。

また、IPO投資には現金資産の保有というメリットもあるため、裏の目的としては現金予備隊の新設になります。

IPO投資を行うことで、暴落時にも予備役の投入による反抗作戦を取ることができ、戦略の自由度が高まります。

IPO投資という1つの戦術で、戦略的な優位性も手に入るのですから、真っ先に実施するべき重要作戦となります。

全体としては、リスクを減らしつつも、攻撃力を維持することができるポートフォリオを目指しています!

実際に、この戦略が始動した際には、また報告をさせていただきます♪

では(*´ω`*)ノシ